幼児教材なら「すきっぷ」「ジュニアメイト」「なかよしメイト」がおすすめ

株式会社メイトのすきっぷ、ジュニアメイト、なかよしメイトです。

祖父母が孫のためにといって契約してくれたのがきっかけで始めました。

本が届いたその日から2歳の娘が今まで読んでいた絵本をそっちのけで毎晩寝る前に読んでと言ってきます。

観察のページ、生活のページ、お話のページ、造形のページ、歌のページなどで構成されています。

生活している中で泣いてる子がいたらなんて声かける?という質問形式のストーリーが入っていたり、シールを貼ってストーリーを進めていったりで親が一方的に読むだけじゃなく子どもも一緒に考えて、考える力をつきそうです。

本の中にしかけも盛り沢山で指で本をこすったら匂いがついたり、ページが飛び出てきたりで毎回楽しんでいます。

また、身近な生き物の卵から幼虫になる様子や食べ物の歴史、など娘には難しい内容でもしかけになっている分毎日飽きずに読んでいるので、内容を覚えていたりします。

そして指導の手引きや図鑑もあり、子どもにどう読んだら想像力がつくのかなど意識して子どもに読むことができるので助かります。

付録でCDやひらがなカタカナひょうもついていたりもするので、本以外でも楽しめます。

教材内容が幅広く学べるのでとてもおすすめです。